7/26のめがね橋ツアー

 昨日から道内は、シベリアの山火事の影響でPM2,5がたくさん舞っています。
 つーことで、なんかいがらっぽいんですケド

 それにもめげず、沢山のお客さんとめがね橋まで行ってきました。

 煙霧っていうんでしょうか?霧とはまた違った感じの靄がかかっていて遠くは見えませんが、タウシュベツはまずまずの天気でした。
 糠平湖の水は相変わらず下がり続けていますねぇ。もう5月頃の水量と同じくらいに感じます。今日は昼からまとまった雨が降ったけど、こんなものではまだまだ橋は沈みそうにありません。

 切り株の隙間からも草が生えていました。
 雑草、すげーなー

 草丈は伸びるし、花は咲くしで、もう草原という優しいイメージではなく、“草ぼうぼう”って感じ。おまけにハチが花に集まってきていて、なんかブンブンうるさいです。

 ということで、『この先タウシュベツはどうなっちまうんだ?』と思いつつ、橋を後にしました。

 ちなみに次回8月2日の回は、空きがあと数名様です。


神戸のM (2014年08月02日 21時39分)
う〜ん、このめがね橋、生で見てみたい。
でも、なかなか時間が取れない(>_<)

せんべぇ(2014年08月02日 23時13分)
このまま秋まで橋は出ていそうな気がします。
うまくお休み取れたら、ぜひきてね。

そら (2014年08月03日 20時56分)
秋まで出ていますか!?
それはぜひ見に行きたい!

橋の朽ち具合といい、緑の生命力といい、ラピュタみたい。
いいなぁ。

せんべぇ(2014年08月03日 23時35分)
秋まで、どころか冬まで沈まないのではないか?というぐらいの渇水状態です。
こんな珍しい風景は二度とないかもしれないから、ぜひ見に来てね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。