危うく圧死

 今日は冬のツアー最後の日でした。

 奈良からお越しのご家族と、森を抜けていつもの川べりまで出かけて、橋を見に行ってきました。

 ”個性的なポーズ”で写真を撮ってもらうお母さん。タウシュベツ橋を支えている絵が撮りたいようです。さすが関西人!と思っていたら埼玉県・幸手出身だそうです。う~ん、私の実家のそばかぁ。もともと愉快な人なのか、関西の水がそうさせるのか、興味深いところだねぇ。

 そんなことより帰り道で‥

 松の木が数本、ルート上(赤線のところ)に倒れていた

 えっ、ほんの30分ぐらい前に通ったとこじゃん!もともとトド松が傾いて立っていたけど、今日は風もなく、全くノーマーク。万が一我々が通過中に倒れて来たら、全員圧死レベルの大木です。
 いやぁ、ぞっとしました

 あっ、でもタウシュベツですら支えてしまおうというお母さんなら、このぐらいの木は先ほどのポーズで支えてくれたかもしれませんな

 何はともあれ、とりあえず無事に帰って来れてほっとした”せんべぇ”でした。
 さあ、今から休館を楽しむぞ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。