写真集『裏タウシュベツ拾遺』

元ヘルのりょうくんが、また写真集を作りました。
ネタ枯れの今にちょうどいいや、と、書くために検索してたら、Wikipediaに『岩崎量示』という項目があることに衝撃を受けたペアレントでざいます。ちなみに塩崎健でエゴサーチしてみたら、Wikipediaに当然出ておりませんでした。
負けた‥‥

というわけで改めて、
タウシュベツ川橋梁の写真家・岩崎さんが、新しい写真集を上梓されました。

裏タウシュベツ拾遺
濃いグレーのシックな表紙の写真集です。

『マニアックなタウシュベツ橋梁の本を作る』という、ややマニアックな方針の元、クラウドファンディングとガイドセンターの応援で出来た本です。
というわけで、パッと見ただけでは、自分でもどこから写したか分からないような写真も出てくる、作者狙い通りの本に仕上がっておりました(笑)

とはいえ、ドローン空撮を使った写真や、”普通に”きれいな写真もたくさんあるよ。

ぬかびら温泉街では、ガイドセンターさんと郵便局で販売とのこと。
また岩崎さんのサイトからの注文も可能です。
https://ryz.thebase.in/items/25330314?from=widget

タウシュベツ川橋梁が大好きな人に、ぜひおすすめしたい一冊!

6 Replies to “写真集『裏タウシュベツ拾遺』”

    1. ありがとうございます!
      と、作者に成り代わりお礼申し上げま~す。

      タウシュベツを見たことがある方には、いい写真集ですよ。
      お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。