タウシュベツ橋ツアーは6/22から

タウシュベツ橋へ行く林道のカギは、6/22から貸し出しが始まるようです。
そのためユースのツアーは6/21まで中止。6/22から開催となります。
なお6/22は森林管理署でカギを借りてからの出発になるので、ツアー時間が10:00~11:30に変更となります。


上の画像は、2018年6月4日の様子。
今のところの水位上昇ペースだと、ツアーが始まる頃にはこんな感じじゃないかなぁ?

いずれにしても、ツアー再開のめどが立ってよかったです。
あとは感染の第2波、第3波が来て、貸し出しが延期にならないことを祈るのみです

君とは一緒に暮らせない

今日の午前中、物置に行ったら中からハチの羽音が
ビックリして見渡すと、天井に巣ができていました。それも形から察するにスズメバチっぽい。

う”~、怖い。
いくら物置とはいえ、スズメバチと一緒には暮らせない。幸いまだ鶏の卵ぐらいの大きさなので、自分で駆除することにしました。

そういえば、役場で防護服を貸してもらえる話を思い出し、早速借りて駆除です。

ズボンから初めて、

ヘルメット?までかぶったら、なんか格好がすごすぎてテンション上がってきた(笑)


かかって来い!スズメバチども。

という事で”物置の決戦”でございます。
が、最初に書いた通り大きさはまだ卵ぐらいなので、スプレー一本かけまくったら、しにゃしにゃになって簡単に取れました。

まあ昔のことわざでいえば、『牛刀をもって鶏を割く』っていう状態ですね。
何はともあれ、誰も刺されなくってよかった。

6月のタウシュベツ橋ツアーについて

緊急事態宣言が解除されたので、そろそろタウシュベツ橋への林道の鍵を借りられるかな?と思い、上士幌の森林管理署東大雪支署に行ってきました。

確認したところ、現時点では鍵の貸し出しを行わないそうです。
まあ宣言は解除されたけど、札幌周辺ではまだ感染された方が出てるし、移動については自粛が求められている状況だもんねぇ‥
貸し出しの開始日についても未定のようでした。

というわけで残念ですが、
6/12までのタウシュベツ橋ツアーは中止
とさせていただきます。
それ以降も大丈夫かなぁ?

緊急事態宣言解除を受けて

一時全国に出された緊急事態宣言、今日にも解除されるようですね。
北海道は、目安とされた10万人当たり0.5人という感染者数を上回ってる状態なのに、解除するんだぁ。目安とはいえ政府が決めた数字以下になってないのに解除しちゃっていいもんだろうか?
もう、『国民各自が自分で判断してね。』という事なのかもしれません。

という事で、ぬかびらユースの対応です。
基本的には、5/6のブログと同じです。

【5月31日まで】
緊急事態宣言は解除されましたが、北海道知事が移動の自粛という方針を述べられているので、予定通り5/31宿泊までは、新規ご予約をお受けいたしません。また日帰り入浴も休ませていただきます。

【6月1日以降】
・ご宿泊
ご宿泊の予約を承ります。(現時点でも6/1以降のご宿泊を承ります)
ただし、相部屋については11月までお受けできません。個室のご利用のみとなります。

・食事
食堂の広さの関係で、ご宿泊は出来ますが食事の提供ができない、という可能性がございます。

ご夫婦やご家族といった同一グループの方は、同じテーブルで”密接”しちゃいます。ゴメン。
一人旅の方は1人テーブルまたは広めのテーブルで対角線に座っていただく予定です。

・日帰り入浴
6月1日以降再開いたしますが、少しでも混んでいたらお断りいたします。

ちなみに、第2波が来て緊急事態宣言が再度出されたら、再びその期間は新規ご予約停止させていただきます。さらに休業要請まで出たら、予約済みのお客さまのご宿泊もお断りさせていただくこととなります。

今は無き地名

通院で帯広まで行った帰り道、時間に余裕があったので然別湖を経由してきました。


さすがに『緊急事態宣言中』というべきか、ほとんど人の気配もありませんでした。すごく静かでぜいたくな気分が味わえました。たまには、いいねぇ。

そうそう、この然別湖に立っている看板、

『ぬかびら源泉郷』が『糠平』になったままだ
(糠平は、2009年6月に地名変更しました。詳しくは、こちらの記事を読んでね)
おまけに『山田温泉』も今は無くなったも同然。

ある意味、レアものかもしれません。