ウペペサンケ山、林道短縮路

【長いです😓】

2016年の大雨で林道が崩壊して、実質的に登れなくなっていたウペペサンケ山。

温泉街の西側に見える、ぬかびら住民にとっては一番見慣れた山です。

この度ガイドセンターさんや各方面のご協力で、壊れた林道ではなく昔の登山道を復活させる形で、ウペペサンケ山に再び登れるようになりました~👏
このルートを使えば、壊れた林道を歩くよりも片道2.8km短くて済むそうです。

という事で、昨日その通称”短縮路”を歩いてきました。
登山口は以前と同じ糠平川林道。国道から2kmちょっと入った場所です。(ユースからは3km)

車止めがあり、脇に2台ぐらいなら車を止められます。
が、
もし停められなかったら方向転換も出来ない狭いところなので、この手前100mぐらいの場所に空き地があるのでこちらがお勧めです。

15台ぐらいは止められそうな広さです。
林道の右側に出てくる白い建物(浄水場)を過ぎ、S字カーブ(四角いカーブミラーあり)を抜けたら50mぐらいで左側にこの空き地が現れます。

車を止めて林道を約1km歩くと、(一つ目の)カーブミラーが出てきます。

この手前を矢印のように右に曲がります。
入り口に水色のテープが巻かれた杭が立っていました。
笹もしっかり駆られているので、カーブミラーさえ見落とさなければ大丈夫です。

ここから坂を下ると、すぐに小さな沢を渡ります。(一つ目の渡渉地点)

渡ると言うより、跨ぐといった感じの狭さです。
ちなみにこの短縮路には、画像に写っているような黄色いテープが目印につけてあるので、迷う心配はほぼないでしょう。

さらに300mぐらい行くと、二つ目の渡渉地点が出てきます。

こちらはちゃんと“川”ですねぇ‥
昨日はたぶん水量が少なかった方だと思うけど、それでもくるぶしぐらいまでの水深がありました。
ガイドセンターの方に「スパッツがあるといい」と聞いていたので、行きはスパッツを履いて濡れずに渡渉。帰りは試しに履かずに渡渉してみましたが、履かなくても少し濡れる程度です。むしろ、渡りやすいように置かれた”らしい”木や石のがぐらぐらしていて安定感がなさそうだから、それでコケるよりはバシャバシャ渡った方がいいとも思います。

ここを越すとしばらく歩きやすい道が続きます。

色づき始めた森の中をのんびり歩きます。

さきほどの川から1㎞ぐらい歩くと、三つ目の渡渉地点が現れます。

ここも一つ目と同じで川そのものは簡単に渡れますが、渡った後の登り斜面(赤で囲ったところ)が短いけど急斜面です。
雨が降った後などは滑りやすいので注意が必要だと思います。
また歩く人が増えて来たら、崩れていきそうな気もします。

この急斜面を過ぎ平らなところを200mぐらい行くと、また少し急な斜面を登ります。これを登りきったところが崩壊した林道です。林道に出たら右側を見ると、10年ぐらい前まで使っていた登山口が見えてきます。


登山口側から見た状況。
歩いてくると、画像左の笹原から林道に出ます。出たら看板の所まで歩いて、そこを左に曲がって登ります。

50mぐらい登ると虎ロープ(黄色と黒)の張られたところに出て、ここで2016年まで使われていた登山道と合流します。
下山する時に見る状況。
登りはそのまま斜面を登れば問題ないですが、下りはうっかりすると道がはっきり残る右に曲がっちゃうかもしれません。ご注意ください。

ちなみに駐車場からこの合流地点まで、57歳、小太り、運動よりお昼寝派のワタクシで約70分かかりました。昨日はたまたま知り合いの木村くんと会った(というか追い越されたw)のであとで聞いてみたら、同じところを45分で登ったそうです。(まあ、彼はトレーニングがてら半分走ってたみたいだけどねww)
そして帰りは、約60分で戻ることが出来ました。

という事でこの短縮路を使えば、ウペペサンケ山は再び日帰り登山ができる山になりました。(ピークの一つ)糠平富士まで、たぶん登り5時間下り4時間ぐらいだと思います。
来年の登山の候補に、ウペペサンケ山もぜひ入れてね~。

かみしほろフォトコンテスト

上士幌町商工会の企画で、「かみしほろフォトコンテスト」というのを行います。
テーマは”とっておきの上士幌町の風景を教えてください”という事で、風景写真のコンテストです。

応募内容:上士幌町内で撮影された風景の写真。
応募期間:今年の12月1日から来年の2月15日まで。
作品の撮影時期には特に制限ありません。今年でも、去年でも、何なら100年前の写真でも(笑)、上士幌町内で撮られたものならオッケーです。

もちろんすぐれた作品には賞も出ます。
特に最優秀賞に選ばれた方には賞金3万円と共に、副賞として一年間、毎月一回上士幌町の特産品が届きます。何が届くからは着いてからのお楽しみですが、とりあえずナイタイ和牛の回がある💕という事は申し上げておきましょう!

応募方法は郵送でもメールでの可能です。
詳しくは商工会ホームページのフォトコンテストのお知らせをお読みください。

みんな、どんどん応募してね。
というのもこの企画、コロナ禍でイベントが出来ない代りに何かアイデアはないだろうか?という事で、ワタクシが提案したら通っちゃったイベントなのです。しかも最初はもっとささやかだったのに、商品提供等いろいろご協力してくれる方々もいて、意外におおごとに…
なので”これで作品が集まらなかったら、俺ちょっとやばいんじゃね?”というプレッシャーが(笑)
つーことで、玉石混交でもいいからとにかく応募してくれ~!

三股山荘さんの休業日 など

こんにちは。
今朝のぬかびら温泉の最低気温は4.7℃。ここの所5℃以下の日が多くなってきました。お客さんの話だと、大雪山の紅葉はかなり進んできたらしいですね。

さて9月の後半は、そんな大雪山の紅葉を見た後で三股山荘に立ち寄ってから来る方が多い時期です。
その三股山荘さん、この秋は休業日がいつもと違うのでご注意ください。

今日以降の9月の休業日は以下の通りです。

9/19(日)、9/20(月)、9/23(木)、9/26(日)

山を下りて『さあケーキセットだ!』という気持ちで十勝三股まで行く人多いでしょ。そこで”お休み”の札が掛かっていた時のショックを和らげるために、優しいオーナーがこのブログにてあらかじめお教えいたします(笑)

ちなみに三国峠カフェは毎日やっています。
ぬかびら温泉のビストロふうかは、9/27以外営業するそうです。またペンション森のふくろうは、金曜日から月曜日と祝日(9/23)にランチ営業とのことです。

とはいえ、いづれのお店もコロナ対応されているので、いつもよりは定員が少なめだったり変更があると思います。
というわけで、この秋はお昼の予定をしっかり立ててから遊びましょう。

高原温泉・銀泉台のシャトルバス

最近日が短くなってきたのを感じるようになりました。
日差し自体も弱くなってきて、秋を感じます。

さて秋と言えば、シャトルバス?
ということで、今シーズンの高原温泉・銀泉台のシャトルバス情報です。
(緊急事態宣言が延長された場合も動くのか不安ですが‥‥)

運行期間
高原温泉:9/23~10/3
銀泉台:9/18~9/26

暦の関係もあるのでしょうが、やや遅い設定になりましたね。
そして今年も、コロナ対策でバスの定員が25人程度、一日の上限も高原温泉が450人、銀泉台が500人に制限されるようです。
まあこれでも、昨年よりは規制が緩くなって良かったです。

更に万が一コロナの感染者が確認された場合は、それ以降のバス運行は停止されなおかつ交通規制は継続されるそうです。
↑具体的にどういう状況で”確認される”という事になるのかはよく分かりませんが、サドンデスな可能性があるみたいです。

詳しくは上川町のHPをご覧ください。

【重要】9/12宿泊分まで、新規予約を停止

こんばんわ。
2回目のワクチンを打ってきた宿主です。
今のところ熱はないけど、なんか怠い。
これがウワサの副反応か!と、ちょっとワクワクしてきました😓

さて事前の報道通り、北海道に緊急事態宣言が発令されました。
そのため当宿は、
期間中の新規ご予約を停止させていただきます。

既にご予約済みのお客さまはお泊りいただけます。
ただし、行政機関から営業の自粛を求められた場合はご宿泊をお断りする事態となります。
あらかじめご承知おきください。