5/12のタウシュベツ川橋梁

約1週間ぶりにタウシュベツまで行ってきました。


糠平湖の水位は相変わらず低く、橋の周辺は干上がった状態が続いています。
そして、雪が融けてから時間が経ったためか、ぬかるみは少なくなり歩きやすくなりました。


周りの森も芽吹き始め、淡く緑色になってきました。


気温も上がり初め、橋を巡るにはよい季節です。

ちなみにユースの『タウシュベツ橋ツアー』の日程は下記のページに書いてあります。みんな、来てね~。

https://nukabira-yh.com/contents/taushubetsu.html

5/6のタウシュベツ川橋梁

10連休最終日。
今日もお客さんとタウシュベツ川橋梁へ行ってまいりました。

この10日間で、湖底にあった雪は融け、周りの山からも雪解け水が流れ込んだようですが、

糠平湖の湖水は、まだ橋のはるかかなたです。
今年は2017年と同じように、橋の下が夏まで干上がって見えるんじゃないでしょうか?

というのも、例年この時期に水位が急上昇するのは雪解け水の影響なのですが、今年は冬に積もった雪が少なく、

既に山の上でも雪解けが進んでいるようで、いつもより山肌が見えております。

というわけで、ユースのタウシュベツ橋ツアーが長丁場になりそうな予感😱

4/28のタウシュベツ川橋梁

今日は快晴の天気のなか、タウシュベツ橋へ行ってきました。


ウペペサンケ山(左)やニペソツ山もくっきり見えます。
数日前には雪が降ったというのに、晴れると暑く感じるぐらい気温が上がります。


思い思いの場所で橋の写真を撮る、参加者の皆さま。
天気が良いとみんな楽しそうで、案内しているワタクシも幸せです。

ちなみに、昨日、今日とガイドセンターさんが、林道の周囲でヒグマを見ています。歩いて橋に行くのは本気でお勧めしませんが、『どうしても』という方は鈴やラジオなど、音のなるものを持ってお出かけくださいね~🙏

4/27のタウシュベツ川橋梁

今日から『タウシュベツ橋ツアー』の始まりです。
渇水期なので、駐車場からすぐに湖に出て、湖底を歩いて橋へ向かいました。


う~ん、湖水はだいぶ遠くだねぇ‥

橋から少し離れた場所に、水の溜まっている所では、

水面に橋が写って、かろうじてめがね橋が見られました。

その後一旦土手の上に上がり、

反対側へ降りてみました。その頃から雲が切れ始め、


少し晴れ間も見え始めました。

そうそう、今年もありましたよ~、クマさんの足跡。

矢印のような感じで、橋のそばへ歩いて行った後が湖底にはっきり残っていました。
う~ん、まいっか😙

カギ、借りれた~

明日から始まる『タウシュベツ橋ツアー』のため、林道ゲートのカギを借りに森林管理署(営林署)まで行ってきました。
今年は10連休だから、今日を逃すと鍵を貸してもらえる日がありません。というわけで昨日の夕方にも森林管理署に行って、何時から借りれるのか聞いて、更にはその10分前には着くように、万全の体制(笑)

『これは一番乗りかなぁ😆』と内心思いつつ、着いてみたら‥
あら、もう玄関前に何人もいる。結局開始時点で8人が並びました。
一番乗りの人は、昨夜からいたという噂も😱
凄いねぇ、皆さん。

一番ではなかったけど、鍵は借りられたので予定通り明日から橋のツアーを行えそうです。

ちなみに現時点では、5/2.5/3のツアーは一杯になっております。