9/19のタウシュベツ川橋梁

今日はひさしぶりに、きれいな青空が広がった糠平湖です。

それにしても、水が増えませんねぇ‥ 昨日はまとまった雨が降ったけど、まだまだ橋の下は干上がった状態です。

1996年にぬかびら温泉へ来てから初めてじゃないかな?この時期にこれほど水の少ない年は。
今シーズンのYHツアーは10/21が最後の予定だけど、もう少し延長するかもしれません。その時はまた改めて告知いたしま~す。

9/15のタウシュベツ川橋梁

肌寒い日が続いています。そして天気も良くない‥
晴れて爽やかという、本来の9月らしい天気はどこ行ったんだろ???

そんな中、お一人のお客さんとタウシュベツに行ってきました。


湖底の草(イヌタデ?)に実がなっていて、長靴はおろかズボンにもだいぶつくようになりました。
色も赤と茶色の中間のような感じで、橋の周囲はちょっと紅葉風になっています。

秋ですなぁ‥

ちなみに湖の水位はまた下がり始めました。
もうこんなに水が来ないのは、ぬかびらに住んで25年目で初めての展開です。

9/6のタウシュベツ川橋梁

今朝は曇り空だと思っていたら、きれいな青空が見えたタウシュベツです。

8月下旬に水位低下が止まり、月末にはまとまった雨が降ったので、ここから上昇すると思っていたのですが‥


橋の南側から見た糠平湖。

全然増えてきません。
流れ込む川の水量は、通常より多いんだけどなぁ‥
ちょっと自分の記憶にはないぐらい、水位の上昇が遅い年です。


という事で、まだしばらくは橋の周囲を歩いて回れそうです。

8/21のタウシュベツ川橋梁

先月から水位が下がり続けている糠平湖。
橋の周辺も干上がってから時間が経ったので、地面も乾いてそろそろ湖底を歩いてゆけるかな?と思い、今日は駐車場から直接湖底に下りて橋を見てきました。


林道右側の駐車場から湖に出たところ。
湖底が一面の草原になっていて、エゾシカがエサを食べに来ていました。

ここから下りて、切り株が点在する草原を歩いて橋に向かいます。


今年は一度水に沈んでいたこともあり、この時期にしては草丈が低くてとても歩きやすかったよ。少し遠回りですが、自力で行く方もお勧めのコースです。

その後はいつものようにぐるっと橋を回り、戻ってきました。

それにしても、水位の低下は止まりませんねぇ。
ここ数日は毎日20㎝ぐらい下がり続けています。
このままだと、渇水が長く続いた去年よりも橋の下に水が溜まるのが遅くなるかもしれません。

橋を一周できます

今日のぬかびらは風が強く、ものすごい勢いで雲が流れていました。

タウシュベツも雲が切れると橋がきれいに浮かび上がりましたが、もたもたしてるとあっという間に日が陰るという、せわしない天気でした。

さて水位の低下が止まらない糠平湖ですが、今日はついに橋の西側を歩いて戻ることができました。

橋の東側では2本に分かれて流れるタウシュベツ川が、ちょうど橋のところで合流するので、西側の方が水深が深く流れも急ですが、長靴で何とかまたぎ越せました。

というわけで、今シーズン初めて橋の周りをぐるりと一周してきました。
おそらくは、あと2週間ぐらいで再度水位が上がり始めると思います。というわけでタウシュベツへ行かれる方は、このひと時を逃さずぜひ一周廻ってみてくださ~い!