シーズン最後のサイクリングツアー、かな?

今日は晴れて風のない、いいサイクリング日和でした。


今日はこんな穏やかなのに、週の後半にはかなり寒くなる予報が出ています。
サイクリングツアーでここに来るのも、今シーズン最後かなぁ?

お客さんを送った後、久しぶりに十勝三股の原っぱへ立ち寄ってみました。

一度は雪の降った石狩連峰も、今はすっかり融けたみたいです。


紅葉は、場所によってはまだまだ見頃ですよ~。
日当たりや風向きに寄るんだろうけど、車を止めて見たくなるレベルです。

7/9のサイクリングツアー

今週は月曜日頃からずっと曇り空です。
今朝も糠平は雲に覆われていて、「お客さんのサイクリングツアーも曇りor霧の中かな?」と申し訳ない気持ちで三国峠に向かっていたら、


十勝三股まで行ったら、晴れてた❣
山の上の方は残念ながら雲の中ですが、久々の青空です。
シーズン終盤のルピナスも、日が当たるとまだまだ綺麗に見えますねぇ。

ちなみに三股から三国峠への道路沿いは、まだ見ごろなところがありました。

もう数日はきれいそうです。

埼玉から来てくれたご夫婦の方、楽しんで帰って来てね~。

6/26のサイクリングツアー

緊急事態宣言が明けて初めてのサイクリングツアーで、三国峠まで行ってきました。


天気、良すぎ(笑)

交通量は少しずつ増えてきたけど、まだまだ例年に比べれば少ないので、サイクリングしやすいですよ~。

ちなみに三国峠カフェさんは、店内での飲食を再開していました。また三股山荘さんも営業を再開しています。

サイクリング:清水谷~上士幌編

今日は真夏のような暑さ。ぬかびらで28℃ぐらい、上士幌では30℃ぐらいまで上がったみたいです。あ~、サイクリングは昨日にしておいてよかった☺
というわけで、続きです。

清水谷からそのまま国道を走っていけば最短なんだけど、風景が単調なので東側の丘に上がるのがお勧めです。

【清水谷から上士幌まで】 約18km 走行時間1時間20分ぐらい

駅の跡からちょっとぬかびら側に戻り、足寄町芽登への道に入ります。

ここから約2㎞が、このコース最大の難所。
「もしかしたら三国峠を登る方が楽じゃね?」と思うような坂をひたすら上り続けます。(15~20分ぐらいかかると思う)
登り続けて、少し坂が緩やかになり頂上っぽくなってくる頃、右に分かれる道が出てきます。


分岐のところに木陰があるので、ちょっと休みましょう。というかオレは息が上がってしまい💦、ここで一休みしました。

その後は画像のような舗装道路を道なりに、ゆるやかに下り続けます。
振り返れば、

ニペソツ山(右)とウペペサンケ山(左)といった東大雪の山並みが見え、
東側には、雌阿寒岳が見える場所もあります。

このような景色の中を約5キロ進むと、

こんな分かれ道が出てきます。
メインの道は左に曲がりますが、そちらに行くと上士幌市街地と離れすぎるので、ここはまっすぐの方へ進みましょう。

右手にナイタイ高原の山を見ながらしばらく走るとT字路に出るので、ここを右折します。そのまま道なりに進むと萩ケ岡駅跡のそばで国道に出ますが、お進めた途中の廃校になった萩ケ岡小学校の角を左折するルートです。

左折後はまた右手にナイタイ高原を見ながら丘の上をゆるやかにアップダウンした道が続きます。

こんな感じですねぇ。(ここは上記ルートからちょっとそれたところ)

そのうちに国道241号線(足寄へ行く国道)と斜めに交差します。近いのはここで右折して国道を走るルートですが、交通量が多く路肩も狭いので国道はパスして横断しちゃいましょう。そのまま南へ少し走ったらT字路に出ます。ここを右折し少し走ると上士幌の市街地です。

ここまでぬかびら温泉から走るだけで約2時間10分。距離や時間は三国峠コースとおんなじぐらいだけど、上り坂が多い分こっちの方が少し疲れるかもしれません。また平野に出てからは

最後は「道の駅かみしほろ」でトカトカのパンを買って、

十勝バスに乗ってぬかびらまで帰りました。
いやぁ、バスは楽でいいね(笑)

ツアーでご参加のお客さんは、午後ユースの車で上士幌や士幌まで迎えに行きます。またひがし大雪自然館では、レンタサイクルの乗り捨てサービスをやっている(ハズ)ので、それを使ってこのコースを楽しむこともできるよ。

ちなみに俺の自転車は、夕方子供の迎えにもう一度上士幌まで来なきゃいけなかったので、それまで道の駅さんに停めさせていただきました。一人ぼっちで寂しくさせてごめんよ~。

また、自転車乗ってきた:ぬかびら温泉~清水谷編

今日は天気が良いしお客さんもいないのでw、またユースの自転車ツアーを自分でやってきました。これって、自作自演というのかな?

【ぬかびら温泉から清水谷まで】 約12km 走行時間50分ぐらい
※糠平湖展望台に寄ると、距離が1km、時間が10分増えます。

今日行ったのは、十勝平野コース。
ユースを出発して南に下るコースです。
温泉街を出ると、すぐにトンネルが現れます。

このコース、出だしにトンネルが連続して出てきます。
特に最初の3つのトンネルは、歩道が狭くて走れないので、車道を突っ走るしかありません。三国峠コースのトンネルと違って、上り坂もあったり距離も長いので、事故には注意して頑張って走り切りましょう。

3つ目のトンネルを抜けたところで右に曲がり、500mぐらい行くと、糠平湖展望台に出ます。

湖のほぼ全景と、東大雪の山が一望できる好立地にある展望台。
距離も宿から4キロ位なので、少し時間が余った時のおすすめスポットです。

一旦来た道を戻り、国道のトンネルを一つ抜けると、

「糠平大橋」から左手に糠平ダムが聳え立っています。
そして背後の山は、ニペソツ山です。

橋を渡ると一気に坂を下り、層雲峡のような柱状節理の崖を見つつ走ると、ちょっと上り坂😢。
ここを登った場所が「黒石平」かつては小学校まであった集落でしたが、発電所の工事が終わると人も去り、今では誰一人住まない土地になってしまいました。
ちなみに2000年ごろまでは『ぬかびら電力館』というダム会社がやっていた施設がありました。ぬかびら便り2000年4月号にちょっと出てくるので、興味がある方は読んでみてね。

そんな黒石平ですが、士幌線のアーチ橋「第三音更川橋梁」を見に車を止める方が増えてきました。

特に去年、補修工事と共に線路を敷き直したので、廃線跡のアーチ橋らしくなりました。

ここを過ぎてしばらく行くと、上り坂が出てきます。

山のぬかびらから十勝平野に下るはずなのに、なんでだよ!という気分になりますが、越えたら気持ちのいい坂が待っているので、少々頑張ってね。

その下り坂を下り切ったところから、道の両側に牧草地が現れます。ついに十勝平野に達しました。

そして足寄町芽登への分かれ道を過ぎて300mぐらい進むと、

右に入る舗装道路が出てきます。
この道の突き当りが”たぶん”清水谷駅の跡。
道に両側にあった廃墟も、だいぶ減ってきました。

次回は十勝平野コースの後編、上士幌市街地までを紹介します。