ようやく冬らしくなった

昨日から今日にかけて、30センチぐらい雪が積もりました。
今シーズン初めての大雪です。


おかげで、健康診断のため前夜から絶食でお腹空いてるのに、朝から雪かき(苦笑)さらには道が悪いなか帯広まで買い出しして、戻ったらすぐに講演会を聞きに再度上士幌往復と、『なんでよりによってこんな時に降るかなぁ‥』という一日でした。が、やはり冬は雪が無いと”糠平らしくない”ので、これでようやく冬が始まった気がします。

2セット目終了

今日は元ヘルのまっちゃんが泊まりに来てくれたので、一緒にワカサギ釣りに行ってきました。


昼からと言われていた雪が朝から降り始めたせいか、湖上は10組ぐらいしか釣りに来ていませんでした。(ただしツワモノぞろいっぽいw)
とはいえ空いているせいか、ワカサギ君が2人で100匹ちょっと、うぐいちゃんが1匹釣れました。

うちの冬は、週3回ずつワカサギ釣りと歩くスキーのツアー、そして残り一日が買い出し、というのが基本です。このセットを今日で2回無事終了しました。
宿泊のお客さんは例年通りだけど、今年はツアーが途切れず、『う~ん、疲れた』でございます。四捨五入すれば60歳だし、そろそろこのペースを落とそうかなぁ‥

1/28のクロカンツアー

この日は1/24に行った、幌加温泉からニペソツ山への道を再び歩いてきました。
前回YHが歩いた後にスノーシューと山スキーで入った人がいるらしく、途中までははっきり道がついていて、『これって長靴で歩けるんじゃない?』というぐらいしっかり踏まれていました。

おかげで順調に進み、前回折り返した地点も過ぎて谷間を数百メートル進んだら、

道が崩れたかのようなところに来ました。

登山した人達の、この谷を急降下で降りた跡が残っていたけど、我々の板では下りれても登って戻れなそうなのでここで断念。たぶん入り口から2.5キロぐらい来たと思います。

雪に腰かけ、おにぎりを食べてから戻り、帰りは幌加温泉・鹿の谷さんに入って戻ってきました。
天気も良く、ほどほど動いて温泉入っていい一日でした。

1/26のタウシュベツ川橋梁

2日続いた強風も落ち着き、今日は穏やかな一日でした。
ワカサギ釣りはテントの中なので多少の風なら関係ないけど、クロカンは風の有無で快適さが全然違うから、穏やかな日はホントにありがたいです。

初めてやる方が2人いたので、いつもよりゆっくりペースで進み、タウシュベツ川橋梁へ。


橋の手前には、大きな枯木が斜めに突き出しています。
これは立ち枯れているわけではなく、湖に流れ着いた流木が何らかの原因で茶柱みたいに立っているのです。氷が融けたらまた倒れて消えてしまうでしょうから、こんな風景を見られるのはこの冬限りですよ。


そして橋は、3分の1ぐらい出てきました。
このくらい出ていると、橋の上部が目線の位置に来るので、傷んでいるところが、よく見えます(苦笑)


ここは春には側面が落ちるような気がする、真ん中のアーチの西側。
写真を撮るのなら、今のうちですよ~!

帰りには少し遠回りして、

キノコ氷を見たり、湖上カフェに立ち寄ったりしつつ戻ってまいりました。

少々苦戦

土曜日はお二人のお客さんとワカサギ釣りに行ってきました。
糠平湖の釣れ行きが好調のためか、釣り人の数が増えつつある気がします。

この日も5の沢では、散らばりつつ多くの釣り人が訪れていました。

奥の方(湖中央部)が人気なので、我々は敢えて手前より、岬下杭の南30mぐらいで勝負してみました。

午前中はパラパラと釣れていたんですが、お昼過ぎからはかなり渋くなってしまいました。う~ん、先週は良かったのになぁ‥
それでも3人で100匹釣れたので、何とか夕食の一品は確保できました

次回は月曜日。お子さんもいるので、ある程度は釣らせてあげたいものです。