ヘルパーさんお勧めの一冊

お正月ヘルパーのみえちゃんが「面白いから読んでみて」と置いていった一冊。

歩いて四国88カ所巡りをしたり長野の山でバイトする人から、まさかのビジネス書😮 人は見かけによらないねぇ(笑)
というか、うちの経営方針に不安を感じてこの選書なのか???

読み始めたら、面白くって一気に読了。
”人に伝える”ということをもっと真剣にやんなきゃだめだ、と気付かされました。

もう一つ感じたのは、商売に対するスタンスの違い。
高田さんの、成功したらそこを土台にさらに発展していくような人生は、怖くて到底真似できない。自分は商売を始める時に、”ここまで出来たら成功”とゴールを決めていて幸いほぼ達成できたから、もう無理して拡大なんかしようと思わないもん。

いやぁ、これが天才と凡人の違いなのかなぁ?
本を読んでる限りでは面白いけど、よほどの才がない限り真似しない方がいいよ、と老婆心ながら忠告させていただきます。

“ヘルパーさんお勧めの一冊” への2件の返信

  1. 塩崎さーん、ありがとうございます^_^
    一代で築き上げた人のお話ってとても面白いと思います。着眼点や経験の豊富さ、その経験を無駄にすることなく生かせているところが素晴らしい。

    1. いえいえ、面白い本を紹介してくれてありがとうね。
      「伝える」ことをもっとちゃんとやろうと思うようになりました。

      それはそうと、ワカサギ釣れてるよ~(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。