図書館関係者に告ぐ!

自分の知人が本を出しました。
『一年間のボランティア』という題名で、(社)日本青年奉仕協会という、ちょっとこっぱずかしいような名前の団体がやっている、長期のボランティア企画に参加した人達のその後をインタビューしたものです。

自分も大学時代に休学して参加、熊本県の水俣市に約一年行っていました。
水俣病患者さんの支援団体に住み込んで暮らしながら、水俣病関係の資料集めるのが主な作業でした。が、患者さんと一緒にラーメン食いに行ったり、県庁での会談に付いて行かせてもらったり、と珍しい体験もさせてもらいました。
もし参加していなかったら、きっと糠平温泉に来て宿屋をやることはなかったでしょうから、振り返ってみれば得難い体験だったのでしょう。
2年ほど前に著者である三原さんがわざわざ訪ねてきてくれて、水俣から今に至る経過をインタビューされました。
「いづれ本にまとめたい」と聞いていたので、素直におめでとうと言いたいです。
自分のページは恥ずかしくて読めないけど

当時はほかの参加者たちから“坊や”扱いされていて、なんでかなぁ?
と不思議でしたが、この本を読んでその理由が少しわかったような気がします。
私は学生でなんとなく参加したクチでしたが、ほかの皆さんは社会人やっていて結構考えていたんだ…
参加後4半世紀過ぎて気づくのも遅すぎるけどね。

自分には面白かったけど、まあハッキリ言って売れる本ではないと思います。
なので、全国の図書館関係の皆様、図書購入費が余っていたら買ってあげて下さいね~。
『はる書房』という所から出ています。アマゾンでも買える”らしい”です。


果哉屋 (2009年05月15日 21時28分)
これは面白そうな話ですね。

さっそく本屋さんで探して見ます。
ダメならアマゾンがありますしね。
せんべいさんの宿でも読めるのかしら・・・

せんべぇ(2009年05月16日 10時43分)
果哉屋さま
コメントありがとうございます。
著者がまだ20代の若者なので、応援したくてブログに書きました。
ちなみに、アマゾンで探してみたら売っていました。
さすがアマゾン。よろしければ注文してあげてください。
うちにも1冊送られてきたけど、宿ではなく私の本棚の奥にしまっちゃいました。ご希望があれば出してきます。

nacky (2009年05月16日 00時47分)
こんばんは。
上士幌図書館にリクエスト出してみたら、いかがでしょうか?
きっと社会的に興味深そうな本なので置いてもらえるかと思いますよ。
ベストセラーになれば、必ずおいてはもらえますが。

せんべぇ(2009年05月16日 10時53分)
nacky さま
そうですねぇ…
でも自分から言うのはなずかしいような
上士幌じゃなくっていいいから、nackyさんの地元の図書館にでいいから、リクエストしてあげてください。

温泉ツアー

札幌からの無料送迎バス『きたとかち満喫号』に合わせて、温泉めぐりツアーに行ってきました。
今回はお隣足寄町にある、芽登温泉と足寄温泉の2か所に入浴です。

お二人の方がご参加くださいました。

芽登温泉に入った後、ちょっと時間を作って、巨岩の滝に行ってきました。
私も初めて見ましたが、雪解け水が流れ込み、すごい迫力でしたよ。

滝のしぶきとマイナスイオンをいっぱい浴びて、
その後足寄温泉に入り、足寄のスーパーでお買い物をしてからユースに戻りました。
地図上のマークは巨岩の滝の“大まかな”位置です。


naka_fzx750 (2009年05月13日 22時10分)
こんばんは~~。
すごいです――。毎日~毎日~糠平情報―満載です。
まいにち、観るのが、たのしみです―― { と、プレッシャー〕

せんべぇ(2009年05月14日 00時28分)
naka_fzx750 さま
うーん、プレッシャーかけないでくれ~。
もうすぐ飽きてやる気がなくなると思いますので、
まあ、今のうち楽しんでください(笑)

ロボコン (2009年05月13日 22時45分)
おひさしぶりです。
芽登温泉、私も4月14日に1泊しました。
仕事が一段落したので疲れを癒しにいきました。
ユースがお休み中でしたので・・・。すみません。
巨岩の滝は積雪がけっこう残っていたのでいけませんでした。
写真が見れてよかったです。
糠南ダムのところでキジの雌をもくげきしました。

せんべぇ(2009年05月14日 00時31分)
ロボコンさま
芽登温泉、いいお湯ですよね。
何より私が感心するのは、あの浴槽の掃除のすごさ。
泉質もあるのでしょうが、いつもタイルがきれいになっていて感心します。なんかすげー洗剤でも使っているんでしょうか???
今度は休館ではないときに、ユースにも泊ってね。
お待ちしています。

がちゃ@東京 (2009年05月13日 22時53分)
その滝ってダートを走ったところですよねぇ??
糠平初級者だった数年前、芽登から糠平に行くのに
ダムのところで左に曲がるのを忘れて迷い込んだ
ダートのような気がします。。。。
しっかりした踏み跡があるのに、いくら走っても国道に出ない。
日は暮れてくるし、まして人は誰もいない!! 
熊さんの落し物はあったような記憶があります。
滝を眺める余裕なんてなかったなぁ~

せんべぇ(2009年05月14日 00時34分)
がちゃ@東京さま
そう、そのダートです。長い林道だから迷って入ったら心細かったでしょう。芽登温泉から約5キロ進んだところに、「巨岩の滝」の看板があり、そこから森の中を100m位歩くと滝の下にでます。次回糠平に来る時は見に行ってね。なかなかいいところだから。

札幌~糠平温泉送迎バス

今日から札幌駅~糠平温泉間に、宿泊者には無料で乗れるバスが走ります。
名前は『きたとかち満喫号』。札幌圏のお客様に気軽に来ていただこうと、北十勝4町で合同運行します。
出発は毎週火曜日、帰りは毎週木曜日です。
期間は5/12から7/28までの全12回。乗りたい方は宿予約時に、満喫号利用とおっしゃっていただければ大丈夫です。
2泊3日のイベントなので、中日の水曜日はユース宿泊者の方向けに特別ツアーも行います。
詳しい内容は宿HPのツアー・イベントコーナーをご覧ください。
記念すべき今日の第1便には、お一人のお客様がご利用です。
さあ、楽しんでいただけるかな?


nacky (2009年05月12日 15時38分)
こんにちは!
早速第1号のお客様がいるんですね。
私は2号かな?
とにかく安いので助かります。
ハイシーズンも継続して行えるとよいですね。
すばらしい企画だと思います。

せんべぇ(2009年05月12日 22時14分)
nackyさま
この企画は、札幌圏のお客様に十勝へ遊びに来てもらおうという実験的な要素があるみたいです。うまく人気が出て、今後も続けていけるといいですね。

黒石平の桜

糠平温泉から帯広方面(南方)へ国道を約7キロ行ったところが黒石平です。
糠平ダムを造るために出来た町で、かつては学校もあったそうですが、
自分が宿を始めたころにはもう住む人もなく、「ぬかびら電力館」という博物館がポツンとありました。
その電力館も廃止されてしまい、今では何もない原野のような場所です。
この黒石平の昔の駅へ行く道沿いに桜の並木があります。
糠平の桜が見ごろになったので、こっちはどうかな?と見に行ってきました。
まだちょっと早いようですね。以前より花の数がだいぶ減った気がしますが、今週末ごろに見ごろになるかと思います。
誰もいない道に咲いている桜を見ると、切ないような何とも言えない気分になれますよ。

5/10のタウシュベツ川橋梁

朝食前にお客様とめがね橋まで行ってきました。
4日前に比べ糠平湖の水がだいぶたまってきたのが分かります。
今はまだ橋の下が干上がっていますが、雪解け水がどんどん湖にそそぎこんでいました。
おそらくここ一週間のうちに橋脚の根元ぐらいまで水が来るのではないでしょうか?
次回、5/17のツアーのときにはどうなっているのか楽しみです。


たびびと (2009年05月10日 16時32分)
橋が湖と同化してますねぇ。水があっても無くてもステキな景色ですね。これからのめがね橋情報も楽しみにしてます♪

せんべぇ(2009年05月10日 23時26分)
たびびと さま
コメントありがとうございます。
ホントこの時期のアーチ橋は風景に溶け込みますね。
橋の周りが土色をしているのは、雪が解けてから湖の水が増えるまでの、一年で2週間ぐらいのわずかな時期です。
意外に貴重な写真なんですよ(笑)
これからもめがね橋情報をお届けしますね。

nacky (2009年05月11日 05時56分)
私の好きな向きでのタウシュベツだぁ!!
本当はこの写真も撮りたかったんですよねぇ・・・。
今度の時に連れて行ってくださいね。

せんべぇ(2009年05月11日 17時01分)
nackyさま
この角度で撮られた写真は多いですね。
この朝ももう少し雲が高ければ山が全部見えてもっときれいだったのに…ちょっと残念でした。