温泉めぐり 第2日目

 ちょっと間延びしてしまいましたが、先週のツアー第2日目です。

 この日もどんよりとした曇り空の上、時折かなりの強風が吹く、遊びのにはちょっと辛い一日でしたが、まあ我々は温泉に入るのが“仕事”だからいいやってことで、然別湖畔温泉の手湯にちょっと触れてから、今回のツアーを企画するきっかけとなった『かんの温泉』へ。

 日帰り入浴の開始時間10:00の5分ぐらい前に着いたら、すでに玄関には入浴待ちの列ができておりました。 すげーな、かんの温泉

 この日は男性が旧大浴場側で、女性が旧中浴場とクロレラの湯があったところの2ヵ所に入れました。なんか羨ましいぞ、女性陣。
 
 そうそう、かんの温泉の宿泊営業が11/17(月)から再開されるみたいですね。詳しくは、かんの温泉のフェイスブックページをご覧ください。

 その後みなさんの強烈なご希望により、林道を越えてオソウシ温泉に行く事に。10人乗せてあの林道はちょっと辛いものがありました。
 が、やはりオソウシ♨のアルカリ泉はイイねぇ

 男のお客さんと初冬の肌寒さのなか、泉温20℃台の源泉をそのままかけ流している露天風呂に、『つめーてー!』と大騒ぎしながら入ってきました。

 オソウシ入浴後は、更に山奥に分け入って、トムラウシ温泉東大雪荘

 ここに来るのは9年ぶりぐらいかな?
 舗装が途切れて砂利になったら3キロぐらいで着けるはずだったんだけど、10キロぐらい未舗装路でした。人間の記憶って都合のいいように解釈しちゃうんだねぇ。なので、思っていた以上に時間がかかりましたが、無事到着。山奥にいきなり現れるこの立派な建物のインパクトは、記憶どおりでした。
 ここもうちに来てくれたお客さんが働いているので表敬訪問しようとしたけど、あいにくお休みでした う~ん、ちょっと残念。でも、立派なお風呂に入れたから満足です。

 その後は、新得駅で何人かのお客さんとお別れして、そば喰って、スイーツ買って、何とか無事に宿までたどり着きました。

 う~む、あわただしい一日だった。
 またいつかやることがあれば、もう少しゆとりを持った行程にしたいものです。


みぃーちゃん (2014年11月09日 22時22分)
新得の駅前のあのみがつくおそばやさん?
美味しいですよね
かんの温泉、同室の原付バイクで旅してた女性にいいとこだよぉーと薦められましたが、行けずでした
糠平に3日いても、行けてないとこが一杯!

せんべぇ(2014年11月11日 11時28分)
自分も行くのは久しぶりでしたが、相変わらずおそば、美味しかったです。
かんの温泉などこの日に行ったところは、自分の足がないと厳しいですね。次回はレンタカーでお越しください。

めだまのおやぢ (2014年11月10日 12時20分)
1日目に行った温泉もそうなのだけど、本当は1軒1軒ゆっくりして楽しみたいのを我慢して、慌ただしく移動してしまうところがこのツアーの面白いところだと思いますよ~。

せんべぇ(2014年11月11日 11時30分)
う~ん、そうとも言えるけど、せっかく山奥まで行ったので、もったいないような気もしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。