5/12の第三音更川橋梁

今日は天気が良く気温も上がり、4月末以来の”暑い”と感じられる一日でした。
娘の部活の迎えで夕方黒石平を走っていたら、結構サクラの花も咲いていました。もうちょっと南の清水谷あたりは満開です。

さてその黒石平には、士幌線のアーチ橋「第三音更川橋梁」が残っています。


国道のすぐ近くですが、少し低い位置にあるので、乗用車で走るだけでは見えないアーチ橋です。でも泉翠橋(せんすいばし)の歩道からは、このように間近に見下ろせます。そばには駐車帯もあるので、ちょっと足を止めてご覧になってはいかがでしょう。士幌線のアーチ橋の中で最大、32mのアーチで元小屋ダム湖(完成時は音更川)を一跨ぎしています。

“5/12の第三音更川橋梁” への2件の返信

  1. 以前からユースの会員です。今年は、タウシュベツ川橋梁を、見に行く計画を立ておりまして、そちらでお世話になりたいと思っています。
    80才になりまして、足腰が達者ではありません。そちらのツアーに、参加させて貰えますか?
    綺麗なメガネ橋を、みたいですが、大勢の方と一緒だと、ご迷惑掛けますので、なるべく少人数の時に、お願いしたいです。
    何時頃がご都合よろしいですか?お知らせください。
    よろしくお願いします。

    1. コメントありがとうございます。
      タウシュベツ川橋梁へのツアーは特に年齢制限ございませんが、ぬかるんだり石がゴロゴロした道を最低でも600mぐらい歩きます。
      また綺麗なメガネになる時期は、なかなか分かりにくいです。今年は水位の上昇が早いので、おそらく今月末には見られるのではないかと思います。ただし湖面が凪いでめがねのように映るのは早朝が多いので、ガイドセンターさんの早朝ツアーの方が見られる確率が高いです。”めがね橋状態を見たい”ということでしたら、『ひがし大雪自然ガイドセンター』さんにご相談された方がよいかもしれません。
      ツアーの参加人数については、申し訳ございませんが直前にならないと分かりかねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。