「学習発表会」兼「閉校記念式典」

11/30(土)に、糠平小学校の学習発表会が行われました。これは毎年恒例の行事で、文化祭みたいなもんです。
今年は小学校が閉校になることから、併せて閉校記念式典も行われました。


式典には町内の方のみならず、町長はじめ、議員さん達、そして糠平小学校勤務経験のある先生方や卒業生の方々まで、見たことが無いくらいたくさんの人達が集まってくれました。


手作りのうちわを持って来てくれた糠平住人も!

式典の次第はオーソドックスなものですが、みんなの参加することへの意識の高さのようなものを感じました。

中でも校歌が凄かった。
普段はガランとした体育館に子供たちの歌声が響くぐらいだけど、今回は地元と児童・教職員OBがほとんどで、歌詞を覚えてるしきちんと歌うから、歌声の厚みが違いました。自分は最前列にいたので、後ろから押されるような、とても気持ちがこもった声を聴かせていただきました。

ホントに糠平小学校のことを大切に思っている人が集まって、みんなで式を執り行っているんだというのを、感じさせていただける瞬間でした。

自分は現PTA会長で、糠平小学校の閉校へと舵を切った者です。現在そして今後の児童数を考えると、閉校という選択は(個人的には)しかたがないと考えています。が、今まで学校に縁のあった皆さんにこれほど寂しい思いをさせてたのかという事は、忘れてはならないなぁ‥‥

それを「ど~でもいい話」というカテゴリーで載せて良いのか?って話ですが、他に適切なカテゴリーが無いのでごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。