悲劇は突然に

こんばんは。
3連休という事で、柄にもなく頑張ってる“せんべぇ”です。

今日も夕食を出し終え、デザート提供までの間にちょっと時間が出来たので、調理場を離れトイレに入ったら、ドアに違和感が。

『あれ❓空かない😰』

まさかの、トイレに閉じ込められました😱
窓から出ようと思ったら、俺のウエストでは脱出できない(笑)
しかたがないので、ヘルパーさんに窓からドライバーを差し入れてもらい、ドアノブを解体するも、空かない😭

しかたがないので、長女に『お父さんトイレに閉じ込められたから、観光案内とかできません』と伝えてもらったら、なぜか、食堂から爆笑。

そのうちお客さんのSさんがやってきて、ドアの向こうでいろいろやってくれ、約1時間後ようやく脱出できました😀


ありがとうございます。Sさん。
危うく俺の人生、トイレで終わるところでした。

ちなみにその後原因を調べたら、

ラッチとかいう金属の部品が折れていました。

人生、どこに危険が潜んでいるか分かりませんなぁ(笑)

4 Replies to “悲劇は突然に”

  1. お疲れ様でした。
    閉じ込められたのがお客さんではなかったのは、不幸中の幸いでしたね。
    「食堂から爆笑」のところで、自分も笑ってしまいました。すいません。(笑)

    1. いやぁ、こんなことが起こるとはビックリでした。
      お客さんじゃなかったのは、確かに不幸中の幸いでした。
      開けてくれた方に方法を聞いたので、次があったら何とかなる“かもしれません”。という事で、次回は情シス部長さんが閉じ込められませんか~(笑)

    1. ドアが空かないことに気がついた時は、一瞬「きょとん」としてしまいました。
      今回はたくさんの人がいたので助けられましたが、一人っきりの時だったら、確かに大変だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。