”第一回”長靴で行くタウシュベツ橋ツアー

今日は、今シーズンから始める「長靴で行くタウシュベツ橋ツアー」の栄えある第一回目です

とはいえコロナの状況下でお客さんは誰もおらず😢
仕方がないので、ヘルパーくんを連れて出かけてきました。


相変わらず雪がほとんどないので、ワカサギの道を通って湖に出ます。

湖底はわずかに雪が積もった状態で、ところどころ氷(アイスバブル)も見えています。

こんな感じで冬の糠平湖としては歩きやすく、駐車場から40分ぐらいで橋まで着きました。


タウシュベツ橋とヘルパーくん
もう一番低い方でも、人の背丈より大きく橋が出ています。

橋の周囲も歩きやすかったので、

氷が出てるところで橋を写してみたり、


湖面に映るアーチの影を写してみたり、


壊れているところがちょうど目線なので、よく観察したり、


ちょっと離れて、真横から見たりと、

冬のタウシュベツを堪能してきました。
前のブログでも書いたけど、タウシュベツに関してはもう十分見頃の時期となっております。

“”第一回”長靴で行くタウシュベツ橋ツアー” への2件の返信

  1. 今朝の朝日新聞に糠平湖のアイスバブル載ってたよ
    長靴で糠平湖横断僕も行ったな
    長靴最強伝説懐かしい

    1. 朝日に記事は教えてもらいました。
      さすがってぐらいきれいな写真ですね。
      ただ今夜雪が降ってるので、だいぶ隠れちゃいそうで残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。