改装工事

 さて建物の方ですが、『とりあえず屋根が飛んだところだけでも修理させてくれ』という大工さんのもっともなご意見(笑)により、まだユースになれるのかもわからないまま見切り発車してしまいました。

 敷地内に立っていた古い住居?を壊し、ぼうぼうの草むらをきれいに刈り取ると、意外に小ざっぱりしてきました。

まずは屋根からということで、屋根の板金だけ張った頃。

 朝晩は大雪グランドホテルでバイトしながら、日中は現場に顔を出したり、お金を借りる手続きをしたり、備品をそろえたりと、追われるような毎日でした。つーか、立ち止まったら不安で押しつぶされそうなので、もう開業した後の心配は横に置いといて、とりあえず12月下旬に店を開けられるようにすることだけに専念していました。大雪さんも10月で辞め、11月にはユースホステルの経営者になる講習会も受け、ついでに関東の友人たちに報告して糠平に戻ってきました。

その頃にはとりあえず一部屋だけ住めるようにしてもらいました。

 『ランチョ・エルパソ』や居酒屋『蔵』の皆さんにも、業者さんを紹介してもらったり、使っていない調理器具や食堂のテーブルをもらったりと助けていただきました。また以前書いたようにトマムの民宿オーナーからは布団や食器を格安でもらい、そんなものをまだ出来上がっていない館内に運び込んでゆき、なんとなく宿っぽくなりながら秋が終わってゆきました。

 ということで、開業まであとひと月弱です。なもんで、このコーナーもあと1,2回書けばいいのか~ なんとか繁忙期前には終われて、せんべぇ心からホッとしております。


びーご (2010年07月08日 21時44分)
先週はお世話になりました。
ルピナス十分満喫出来ました。
せんべぇさんオープンまでも大変だったのですね。
同年代の自分も頑張らねばと思います。

せんべぇ(2010年07月08日 23時51分)
びーごさま
こちらこそご利用ありがとうございました。
今年のルピナスは、春先の低温の為『大丈夫かな~』と心配していましたが、ちょうどびーごさんがいらっしゃったときに見ごろになりましたね 満喫いただけて、自分もうれしい限りです。
宿のオープンまでは本当にいろんな人に助けられ、運が良かったです。せっかく商売をはじめられたので、娘が成人するまでは何とか“つぶれないようにしたい”ものです。って、志が低すぎですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。