1/30のタウシュベツ川橋梁

 こんばんは。
 最近ツアーが続いてちょっとお疲れ気味のせんべぇです。

 というわけで、ツアーの様子もちょっと遅れがちですがアップします。

 昨日はお二人のお客さんと歩くスキーでタウシュベツへ行ってきました。
 お二人とも歩くスキー経験者なので、いつもよりアップダウンの多いルートを通ってみました。

 赤い矢印がいつもの谷底を通るルート。この日は谷を越え北側の斜面を登り、新雪の斜面を下りてみようということに。

 ふかふかの雪は気持ちいいけど、その下が凍っていたりするので、

 お客さん、大転倒。でも雪がいいので、転んでも痛くありません。

 その後は雪が風で飛んで氷が見えたところで、フロストフラワーの見学会。

 『阿寒湖じゃなくっても見られますよ~、フロストフラワー。』
 と、某宿のオーナー奥様(だけ)に向け伝えてみる。

 こんな感じで寄り道をしつつ、タウシュベツまで行ってきました。

 ちなみに橋の南側、湾内では、タウシュベツ川に沿って氷が割れ始めました。

 う~ん、半月以上早い気がする。

 どうも今シーズンは、糠平湖の上に立てる期間が短くなるような気がしてきました

1/29のワカサギ釣り

 月曜日はお一人のお客さんと、糠平湖・5の沢でワカサギ釣りをしてきました。

 湖上では、YHにとって今シーズン一番の強烈な風をくらいました。
 テントの中にいる限りは大丈夫なんだけど、外に出ると風で舞い上げられた雪が横殴りに襲い掛かるという、過酷な状況。お客さんは『北極か?ここは』とあきれ顔でした

 駐車場からの道は、当然のように雪でかき消され、長靴が埋まるぐらいの新雪の中そりを引いての往復でした。

 から‥

 辛くてお客さんにそりを引かせるせんべぃ氏。

 クロカンといい、ワカサギ釣りといい、だんだん横着になってきました

1/28の歩くスキーツアー

 日曜日は3人のお客様と、歩くスキーで山の中を遊んできました。

 今回は2年ぶりぐらいに行った、幌加温泉の北東にある尾根を登るコースです。
 ニペソツ山幌加コースの入り口から林道を登り、途中から(クロカンでは)結構急な斜面をジグザグによじ登り、約2時間で尾根の上に出ました。

 そこでおにぎりを食べた後は、

 西クマネシリ岳を見ながら斜面を滑り降りてきました。

 登るのは大変ですが、雪の状態がいいので下りはむこうずねぐらいまで新雪に埋まりながら滑れて、気持ちが良かったです。

ツアーいろいろ

 昨日から今日にかけては、人気の『夜アーチ』があったり、氷上タイムトライアルのお客さんあいたりで、結構バタバタでした。

 というわけで、ここ2日のツアーの様子です。

 金曜の日中は、4人のお客さんとクロカンでタウシュベツへ。

 橋はほとんど氷の上に出たので、日が当たると雪原に伸びる橋の影が大きくなりました。

 そしてこの夜は、『夜のアーチ橋ツアー』

 天気も良く風の弱かったので、橋のそばで45分ぐらい撮影していたそうです。

 そして今日はワカサギ釣り。

 週末で釣り人が多かったので、テント村のはじっこのほうで釣りました。
 釣果はというと、アタリはあるんだけどねぇ‥
 相変わらず小さいサイズで、特に初めての方には難しかったみたいです。

 それでも最後は、笑顔で記念写真に写ってもらえました。

 まあこの笑顔は、やっとワカサギから解放されて三股山荘に行けるから、なのかもしれませんが(笑)

新ツアーのご提案

 今日は4人のお客さんとワカサギを釣りに行ってきました。

 朝は快晴、ほぼ無風だったけど、

 10:00過ぎから風が吹き、昼頃には曇ってしまいました。今シーズンはどうも天気が続かないねぇ‥
 釣りの方は相変わらずお魚が小さくて、アタリはあるんだけどなかなか釣り上げにくい、もどかしい状況です。

 そんな感じで釣りつつお客さんとおしゃべりしていたら、『このブログ見てるよ』という話から、『大腸検診』の話になり、検査やったことある人どれくらいいるのかな?とみんなに尋ねてみたら、(私も含め)5人中4人が経験者 
 検査話はさらに盛り上がり、『ぬかびらYHで大腸検診パック始めたらいいよ』ということに。題して、”旅の合間に大腸検診”だそうです。 いやぁ、”ユースホステル”なのに”ユース”な要素が全くないぞ、このツアー(笑) この話を帰りに寄った三股山荘でしたら、『私がお世話になった新井病院とタイアップして、マージンもらえばいいじゃん』とさらに具合化してしまいました。

 いかがです皆さん。旅行中にお尻の穴から管入れてもらいません?