問い

日曜日は今シーズン3回目のアーチ橋巡りツアーの日でした。

いつも通り南の第三音更川橋梁から見物し、
第二音更川橋梁↓

など、いつも通り順調にお客さんと回って、予定通り14:00に宿に戻ることができました。

さて、ここからが今回のブログの表題『問い』です。
ツアー参加者のおひとりが、公共交通機関で移動している人でした。
その彼は、帯広空港発の飛行機で羽田に帰らなければなりません。
バスでうちに来ている人には知られていることですが、数年前から糠平発16:00台のバスでは、最終便への空港連絡バスに間に合わなくなりました。
お客さんはどんな手段で最終便に乗って帰ったでしょう?

もちろん、タクシーの利用やほかのお客さんの車に乗せてもらうような”ずるい”方法は使っておりませんよ~。

答えは次回のブログで。

“問い” への2件の返信

  1. なんとなく分かったような気がします。
    夏ならではの移動手段でつないだのだと思います。

    結構自信がありますが、ここで答えを書いたらつまらないので、
    とりあえず、いくつか案が思い浮かんだ中で絶対ハズレの案を書いてみます。

    ・ぬかびら16:42発のバスで帯広駅まで行く(18:29着)
    ・帯広駅18:45発のバスで幸福まで行く(19:36着)
    ・帯広空港まで5.5kmの道のりを頑張って走る(笑)
    ・3分/kmで走れば16.5分で行けるので、最終便出発の20分前には着ける!

    3分/kmは長距離の陸上選手なら可能なので、そのお客さんは長距離ランナーだったというのが答えです。(笑)
    (ウオーミングアップなしで3分/kmのペースで走ったら多分怪我します。(笑))

    1. うん、これはハズレですがこういう方法もあるんですねぇ。
      さすが元陸上部!
      次回はこの案を自ら試していただき、レポートをお待ちしています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。