2017夏の思い出

 今日は周りは雲なのに、湖の上だけが晴れるという、運のいい状態で橋を見に行ってきました。
 風があったせいか、橋の下の草原に蜂やアブが少なく、落ち着いてみることもできました。

 ちなみに水位は相変わらず低下中です。こんな調子だと、9月後半も『昼のタウシュベツツアー』をやるかもしれません。

 ところで橋のそばに行った方はご存知かと思いますが、音更川の対岸にある湖底に、太い枯木が立っています。

 これは昔からあったわけではなく、昨年の大雨で流されてきた流木が、冬に偶然立ったものです。あまりにも堂々としているので、ダムができる前からあったと思えるような貫禄ですが、根っこが土の中にあるわけではないので、今年の秋に水位が上昇したらまた横倒しになって、プカプカ浮くと思います。

 というわけで、2017夏の思い出として、タウシュベツに行ったらぜひ写真に収めておいてください。後から『いつだっけ?』とならずに済みますよ~


あき (2017年08月03日 06時32分)
まるで茶柱
大き過ぎるけど(笑)

せんべぇ(2017年08月04日 12時53分)
”茶柱”
上手い表現ですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。