「30年後の廃線跡」写真展

 10/5(木)~10/10(火)の6日間、帯広駅地下にある帯広市民ギャラリーで、士幌線・広尾線廃線30年にちなんだ写真展が行われます。
 写真は現在の廃線跡の写真だそうで、広尾線沿線は広尾在住の写真家辻さんという方、そして士幌線沿線は、糠平在住”われらが岩崎先生”の作品です。

 開館時間は10:00~18:00(最終日のみ16:00まで)
 岩崎さんもギャラリーにいることが多いみたいですよ。

 帯広市民の皆さんはもとより、旅行者の皆さんも帯広を通るようでしたらちょっと足を止めてご覧になってください。
 入場は無料です。

 詳しくは、帯広市民ギャラリーのHPをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。