滑る人々

こんにちは。
4月のような暖かさのぬかびら周辺です。もともと少なかった雪がかなり溶けて、温泉街の中も地面が見え始めました。

こんなに暖かいのに、森に行けばまだまだ雪はあるので、昨日今日とお客さんと遊んできました。

昨日はクロカンをしたいというご希望で、数年ぶりにクロカン持って然別湖へ。

さすがは糠平湖よりも300m標高が高い然別湖。まだ完璧に凍っております。
湖上に雪があまり積もってなく、クロカンするにもまだまだいい感じでした。

が、あまりに風が強いので東雲湖までは行かず、途中に氷が見えているところがあったので、


そこで尻滑りして戻り、然別コタンで遊んで帰ってきました。

そして夜は層雲峡へ。
途中はかなり風が強くて滑りそうになりながらたどり着きました。
ただ氷瀑祭りの会場は意外に穏やかで、

ツルツルしながらも、ゆっくり回ることができました。

そして今日はスノーシューで糠平湖の森へ。

風で倒れたのか?直径3,4メートルはありそうな木の根っこを見つけて、観察したりしながら湖のはじっこまで行き、


タウシュベツ橋を見て、


氷の斜面を見つけては、また滑って(笑)
宿へ戻ってきました。

それにしても、先日長女の受験が終わったので、気軽に『滑る』って使えるようになって、よかった、よかったです😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。