3/13のタウシュベツ川橋梁

いよいよ今シーズン、湖上に出ることのできる最後の日となりました。
最終日は3人のお客さんと、長靴でタウシュベツまでお出かけです。

朝は曇り空だったけど、嬉しいことに橋に着いたころにはピーカン!

橋もニペソツ山もすっきりと見ることが出来ました。
橋のそばで1時間半もウダウダ過ごして、シーズン最後の一日を満喫いたしました。

次に来るのはGWになりそうです。
その頃にはまたどこか橋の側面が剥がれ落ちてるような気がします😢

出来れば大きく崩れないで欲しいものですねぇ‥

ちなみに今シーズンは最後まで水位が高く、

湖上立ち入りの最終日になっても、橋はまだ4分の3ぐらいしか出ていませんでした。

この分だと、グリーンシーズンに橋が沈み始めるのがとても早そうです。ひょっとしたら、GWの後半には橋の下に水があるかもしれません。まあ雪の量そのものは少ないので、一気に水没することはないと思いますが、”いわゆる”めがね橋状態という見頃の時期はいつもより早い予感です。

そうそう、今シーズンは自転車でタウシュベツまで来る方をよくお見かけしました。

この日も、ニペソツ山をバックに雪原を疾走している人とすれ違いました。
なんか楽しそう。

3/14からは、糠平湖の湖上立ち入りが禁止されます。
というわけで、1月中旬からほぼ休みなしに続いたうちのツアーも、この先ほとんど予約がございません。
う~ん、仕事が無いから太りそう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。