冬のウペペサンケ山

 温泉街の西にそびえるウペペサンケ山。ユースからは建物が邪魔で見えませんが、少し歩くとあちこちから見ることができます。冬のこの時期は雪で真白になり、青空とのコントラストがきれいです。
 また朝のひと時は、雪の斜面が朝日を浴びてピンクから黄色へと変化してゆく様子が楽しめます。山好きの人たちはモルゲンロートと呼ぶようですが、これがとてもきれいです。今は日の出が遅いので、6:30頃~7:00頃にかけてこのモルゲンロートが見られます。とっても寒いけど、天気がよさそうな日は早起きしてちょっと外に出てみてはいかがでしょう。私は寒いから出ませんが…


工房 木 楽々(ki-rara) (2010年01月09日 21時23分)
こんばんは。
糠平から見るウべべサンケ山は格別でしょうね。

実は昨日、年明け初めての十勝晴れで、私も萩ヶ岡の工房近くからウべべサンケ山とニべソツ山を撮りに道草しました。

スッキリ晴れ渡った山並みがとても綺麗でした。
冬の山は格別に綺麗ですね。

せんべぇ(2010年01月11日 23時08分)
コメントありがとうございます。
十勝の冬の空は書き込んでいただいたように、すっきりしていてきれいですよね。ワカサギの釣り場から見るニペソツ山はもっといいですよ。晴れた日は見においでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。