旅人の終わり

 前回書いたように、せんべぇは26歳の時に最初に入った会社を辞めました。
 辞めるのはいいけど、なんか目標がないとダメになっちゃう人間なので、とりあえず“仮に”『北海道で宿屋をやる』という目標を立てました。まあ、大げさにいえば人生の岐路、というか“ルビコン川を渡った”わけです。渡った以上さっそく行動開始、ってなるよね、普通。ルビコンを渡ったらローマ(目標)へ一気に進むべきなのは火を見るより明らかなんですが‥‥

 『せっかく会社辞めたんだから、こんな機会もないしちょっと一休み』つーことで、初の海外旅行に行ってしまいました 行き先はドイツ(とその周辺のドイツ語が通じるところ)に決めて、ドイツ語学校に通い、英語でいえば中学1年程度の語学力で、50日ぐらいの予定で出国です。
 
なんでドイツかと言うと、
① 英語が苦手だった。 で、ドイツ語はローマ字読みすれば何とかなりそうだったから
② 歩いて国境線を越えてみたかったので、島国はイヤ。
③ 将来日本は、ヨーロッパ人のように長期の休暇を取ってゆっくり滞在型の旅行をすると思ったので、実際にどんなふうに過ごしているか見てこようと思った。←思いっきりバブルの時代の発想でした

 というわけで、1991年の9月から11月にかけて今までで一番長期の旅行に行ってきました。

ドイツ・オーストリア間の国境検問所のおじさん

 この旅行は最初1週間、友達が休みを合わせて付き合ってくれ、その後はいつものように行き当たりばったりにうろうろしていました。

 国境線マニア?になって、リヒテンシュタイン(下図)を徒歩で横断しました。以後、俺のひそかな自慢に“一国を横断したオトコ”というのがあります でも小さいから、誰でも半日あれば歩けま~す。

 今までの集大成のつもりで、日記をつけたり、同じところに1週間滞在してみたりと、いろいろ楽しんで旅を続けました。が、40日目ぐらいだったでしょうか、このまま旅行を続けても本質的には変わらない気がしてきました。もちろんまだまだ行きたいところはあったし、行けばきっと新しい感動があることは想像できました。でも、上手く説明できないし、あくまでも個人的な感想ですが、自分の中で目的を定めない旅の限界のようなものを感じました。なんていうか、見ているものこそ違え、結局同じことの繰り返しではないか?ということ、かな。

 そんな気分になり、最初の予定通りの期間で帰国しました。“きっとこれが自分の最後の旅だろうなぁ”という気分とともに。

 やっぱり鉄道が好きみたいで、最後はSLの写真を撮っていました


3世代家族 (2010年06月01日 14時51分)
またコメントしました。
ドイツ、行ったことないです・・・。というか、日本から出たことがない・・・。 まだ15・6年しか生きてないから(笑)
鉄道の写真、すばらしいですね!鉄道も、あまり見たことがないです(泣)   もう無くなってしまったけど、銀河鉄道なら一応乗ったことがありますよ!!

せんべぇ(2010年06月01日 23時07分)
おー3世代目さんですね。コメントありがとう
私の初海外旅行は27歳でしたから、まだまだそんなに焦らないでね~(笑)
きっと、どんどん自分の世界が広がっていく、面白い時期がもうすぐ始まるよ。楽しんでどんどんチャレンジしてください。と、46歳のおっさんはうらやましく思うのです。い~な~

どろりん (2010年06月01日 18時23分)
一瞬「旅人の終わり」ならぬ「旅の終わり」という歌なんてふと思い出してみました
とはいえ、某島に行ったこともないわたくしですが

会社の夏休みが10日程ありますので行きたいぞ!!!
なんて思っておりますがまずはフェリー争奪戦に打ち勝たねば、打ち勝った暁には早速予約しますので、しばしお待ちを

せんべぇ(2010年06月01日 23時10分)
だらりんさん、コメントありがとう。
毎年お盆時期のフェリー争奪戦は熾烈なようですね。
上手くチケットを取れることをお祈りしていまーす。
その時はどうぞご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。