『民宿 谷崎』ふたたび

 早めの進行で行くはずだったこのコーナー、気がつけば6月末になってもまだ終わらん 他のブログより書くのに時間がかかるので早く終わらせたいなぁ‥‥ ということで、続きです。
 民宿谷崎さんを譲ってもらう計画は頓挫しましたが、せっかく上士幌の人と“細ーーーーい”お繋がりができたので、それからも仕事の休みの時など、『良い情報がないか?』『せんべぇを忘れないでね』という魂胆で役場へお伺いしてました。

 また『ランチョ・エルパソ』の方は働いて3年近くが過ぎ、定番メニューはだいたい作らせてもらえるようにもなりました。自分は民宿をやりたかったので、洋食を極めて行くというよりは、ある程度何でも作れる方が将来の役に立つだろうということで、そろそろ違うお店で勉強しなおす時期に感じておりました。そこで1996年の3月から、音更町木野の海鮮居酒屋『蔵』さん(ハピオの中のお店です)で働くことになりました。

 でもって、和食的なことをまた一から覚え始めた矢先、一度はあきらめかけた『民宿谷崎』の建物を“売ってもいい”というお話が これは、ついに砂漠のノミ(6/6のブログを見てね)にもチャンスが回ってきたのかと、我ながらかなりテンションが上がってまいりました。


aimee-hoku-mahina (2010年07月01日 01時08分)
人生って凄いですね。人の思いって凄いですね。
だって、26の時からですよね?
凄いなぁ…今の私も26だけど…最近色々先を考えたりもしてますが…ほど通し(*/з\*)

せんべぇ(2010年07月01日 23時31分)
ぜんぜん凄くないですよ~。『なんか運良く進んできて、気がつけばえらく遠いとこまで来たね~』って感じです。
確かに最初の会社を辞めた26歳のときには、20年後にこんなことになるとは想像できなかったけど。でも、振り返ってみると20代後半から30代は元気があっていろいろ楽しかったです。aimee-hoku-mahinaさんも、きっとこれからもっと人生楽しくなるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。