ひがし大雪博物館

 ユースから歩いて1分のところに『ひがし大雪博物館』があります。
 開館時間:9:00~17:00
     (ただし、7/21~8/19は朝6:00から早朝開館中)
 休館:月曜日

 入って右側には、大雪山の動物や植物が展示されています。

 地下に行くと、大雪周辺の地質的なことと、古代の様子が紹介されています。

 そしてこの博物館で一番の特徴が、玄関右側の第2展示室。
 世界のチョウの標本が延々と並んでおります。好きな人にはたまらない展示内容。でも、虫が苦手な方は後ずさりするという噂があるぐらいのボリュームです。“虫愛ずる姫君”ならぜひ見てもらいたいです。

 さてこの『ひがし大雪博物館』。残念ながら10月末で閉館となります。というのも国道沿いに、来年度に環境省のビジターセンターができる予定で、完成したら博物館の機能もビジターセンターへ移設されるためです。新しくきれいな施設になるのは良いのですが、展示スペースは今より少なくなってしまうらしいです。そのため、現在のような自然の深い説明まではできないんじゃないかなぁ‥‥ また世界の昆虫的な展示は、“大雪山国立公園のビジターセンター”としては必要ないかもしれないですね。
 というわけで、この夏ぬかびらにお越しの際は、ぜひ時間を作ってひがし大雪博物館を訪れてみてください。びっくりするぐらい充実した博物館ですよ


56chan (2012年07月24日 05時36分)
国道沿いって・・・。

バス営業所となりの駐車場?GS跡?狭すぎる。

大雪グランドホテルの建物を取り壊してそこに???

せんべぇ(2012年07月25日 00時06分)
バス営業所隣の、駐車場の奥にある空き地に立ちます。

ロボコン (2012年07月24日 20時05分)
糠平に行く目的が、スキーと博物館だったんで、悲しいです。

昔々小学校の修学旅行で、できたばかりの博物館に行きました。

きれいな色や形の昆虫や蝶を見ながら、小学校時代の先生
が説明してくれたことなどを思いだすのが、大人になった
自分の癒しの時間でもありました。

せんべぇ(2012年07月25日 00時08分)
帯広時代の友人からも、『子供の頃家族で糠平温泉に泊まって博物館へ行くのが、夏休み最高の楽しみだった。』と聞いたことがあります。
閉館はひとつの時代の区切りかもしれませんが、新しいビジターセンターもできるので、またどうぞぬかびらに遊びにおいでください。

shiro (2012年07月24日 21時23分)
見所が多かったな。建物の老朽化が原因?

せんべぇ(2012年07月25日 00時09分)
環境省のビジターセンターができるので、そこに機能を集約するためらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。