1/31のタウシュベツ川橋梁

 今日は5人のお客様とタウシュベツ川橋梁まで、歩くスキーで出かけてきました。

 日曜日ということもあり、大勢の人が橋を見に来ていて、何かの撮影も行われていました。

 我々も橋の周りをぐるっと一周してから、

 もはやツアー参加者の義務なのか?(笑)というぐらいの頻度で、三股山荘でお茶してから帰ってきました。

 ちなみにアーチ橋は3分の2ぐらい姿を現しました。今月下旬に入って、急速に水位が下がっている気がします。

1/30のワカサギ釣り

 今朝のぬかびらは氷点下20℃以下。
 冬らしい寒さの中、4人のお客さんと糠平湖にワカサギ釣りに出かけました。

 気温は低いけど、晴れて無風のコンディション。”何なら外で釣ろうか?”というぐらいのワカサギ日和でした。

 釣果も週末にしては良好で、2時間半ぐらい遊んで、お客さんたちだけで170匹ぐらい釣れました。『頑張ったねぇ、みんな。』と感心しつつも、参加者全員夕食は三股山荘でディナーです。つまり、釣っても今晩は食べられません。

 『君たちはいったい、なんでそんなに頑張っちゃったんだ(´・ω・`)』と心の隅っこで感じた、せんべぇでした。

スッキリしました

 建物が姿を消した後も作業が続いていた大雪グランドホテルの解体工事ですが、
 今日になって現場を取り囲んでいた鉄板の壁の取り外しが始まりました。

 スッキリしたねぇ。

 解体工事もそろそろ終わりが見えてきたようです。

1/27のワカサギ釣りツアー

 前夜から時折強い風が吹いていて、ちょっと嫌な予感がしながら出かけた糠平湖。

 案の定、湖の上は強風が吹き抜けていました。

 近くにある張りっぱなしのテントは、結構つぶれてるけど、大丈夫かな?
 我々もお客さんに手伝ってもらいながらテントを張り、ワカサギ釣り開始です。

 そういえば今シーズン、お客さんが実際に連れているシーンをブログに載せていなかったと気づき、
 がっつり掛かった!というタイミングで一枚写真を撮らせていただきました。

 あれ?いねぇ‥‥

 『ゴメンね』と言いつつ、ブログにアップしてしまうせんべぇです。

 お客さんはノースライナーで帯広に行くので、早めに終えて5の沢まで戻ると、

 ここは風もなく穏やかに晴れていました。わずか数百メートル移動しただけで、全くの別世界。
 ということで、駐車場が静かでも湖上は大荒れってことはよくあるので、防寒、防風対策は忘れずにお出かけください。

1/26の歩くスキー:めがね橋コース

 1/26もいい天気で、気温は前日よりだいぶ上がって、いい外遊び日和、かな?
 と思って湖に行ったら、暴風

 それでもお客さんと頑張ってめがね橋を見に行ってきました。
 橋の周辺は雪の下に水がにじむところがありました。(特に東側)
 歩くスキーで行く方は、お気を付けください。

 ちなみに、

 キノコ氷も現れ始めました。
 画像はユースのクロカンで通る、親指湾の奥にあったものです。