長距離自然歩道の雪

糠平温泉のはずれにある鉄道資料館(糠平駅の跡)から、主に廃線跡を利用した遊歩道があります。
北海道長距離自然歩道ひがし大雪の道、だったかな正式名称は
ここを本日、お客さんが歩いてきたので状況を聞いてみました。
歩かれたのは5の沢(地図のマークがあるところ)から糠平にかけての約6キロメートルです。
3の沢までは問題なく歩けるが、3の沢から南側、糠平にかけてはまだ雪が残っているようです。
特にトンネルを迂回する山道には雪があり、鹿の通った痕があり迷いやすかったとのこと。
この道をハイキングするのは、雪が解けてからにした方がいいようです。
俺の予想だと、あと10日もすれば解ける、と思います。たぶん…
東京のAさん、情報ありがとう!


nacky (2009年05月05日 21時10分)
正式名称は確か合ってますよ。
しかし、写真は荒れ放題という感じで、ちとショック。
まぁ3の沢からは山道トレッキングなので、仕方ないのかな?
雪解けとともに道の再整備が必要かもしれないですね。

せんべぇ(2009年05月05日 23時11分)
nackyさん
コメントありがとうございます。
実際に歩いたお客さんが写してくれました。
ただ、ここはひどい所で全部がこんな状態ではないらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。